[PR]

高血圧治療の専門サイトをお薦めしております。

50代の高血圧原因

自分は血圧が低いと思っていても、50代を過ぎる頃になるとぐっと高血圧が多くなります。厚生労働省の調べによると、50代では2人に1人という、驚きの多さです。

高血圧の主な原因のひとつは遺伝、そしてもう一つは環境です。遺伝については、まだそのすべてが解明されたわけではりませんが、なりやすい体質というものが遺伝することがわかっています。つまり、親が高血圧である場合には、その子供も高血圧になる可能性が高くなるのです。

環境が原因である場合には、塩分の摂りすぎや運動不足、肥満などといったことが考えられます。塩分をとりすぎると身体が水を必要とするのですが、この結果水分の摂りすぎになり、血液の量が増え、その結果血管の内圧が上がってしまうというわけです。

運動不足は血行が悪くなり、体中に血液を廻らせるのに強い圧力が必要になり、高血圧の原因となります。肥満では、体積が増える分エネルギーの消費量が増え、それだけ血液が多く必要になるため強い圧力で血液を流そうとした結果、高血圧になります。

さて簡単に高血圧の原因について説明しましたが、ではなぜ、この症状を持つ人が50代で増加してくるのでしょうか。男女ともに加齢とともに増えていくものですが、特に女性は50代を境に一気に増えます。

なぜ50代なのか。その答えは、50代前後に起こる閉経にあります。この病はもともと女性より男性に多いのですが、これは女性ホルモンに含まれる成分が、血管の収縮や老化を防止してくれるからです。

しかし50代を過ぎ更年期に入り、閉経を迎えると女性ホルモンの量は減少します。そのため、50代辺りで、男性と同じように高血圧になりやすくなるというわけです。

また男性の場合、50代というのは定年退職を前にして会社で責任のある地位につく人も増えてくる頃です。そうなるとストレスが増え、様々な身体の不調の原因になります。

50代は身体の代謝も落ちてくるので、肥満になりやすくなりますし、体力が落ちてくるので運動からも遠ざかります。こういった要因が積み重なって、50代の高血圧の原因となるのです。

また50代以降の方には血圧が不安定で変動しやすいという傾向もみられます。男性は女性に比べると少なくなりますが、性別にかかわりなく50代前後から更年期障害というものが起こりはじめます。

そういった身体変化により50代はちょっとしたきっかけで血圧が変動しやすく、そのために不安やストレスが増大し、増えた不安やストレスが原因でまた血圧が不安定になるという悪循環も起こりやすいです。

また、普段の生活の中で原因となる環境要素を排除するよう意識することも大切です。特に50代といえば身体も衰えてきてなかなか運動しなくなる年齢なので、自分から意識して動かないと、気付いたら高血圧予備軍なんて可能性もあります。

塩分控えめの食事にするよう心掛けたり、運動を習慣にしたり。運動は激しいスポーツである必要はありません。手軽にできるウォーキングくらいで十分です。1日30分程度を目安に行うといいでしょう。

50代でできる予防は他には、定期的にストレス解消が出来るようにするというのも大切です。カラオケやのんびりとした入浴、スポーツなどその方法は様々にあります。

他にも、50代に差し掛かったら血圧の測定を習慣化させるというのも良い方法です。測定器は一般家庭でも簡単に手に入るので、50代前後からは自宅で毎日実施するようにすると、異常があった時にすぐにわかっていいです。

白衣高血圧という、普段はそれほどでもないのに病院で測定を行うと高くなってしまうという症状を持つ人もいます。そういう場合には病院では正確な測定が行えないので、自宅で習慣的に行っていると診察もスムーズに進みます。

お薦めサイト一覧

ブロック注射の情報サイトはこちらから→ブロック注射情報ナビ

黒にんにくのサプリメントランキングをご紹介しています。

犬との信頼関係を築く方法をお伝えしています。

ピルさーちはとてもおすすめのサイトです。

新着情報

 2016年10月12日:ブロック注射と星状神経節ブロック注射
 2016年10月12日:第四腰椎すべり症
 2016年10月03日:ブロック注射と気胸