高血圧を防止する会 » 腰椎椎間板ヘルニアのコルセット

腰椎椎間板ヘルニアのコルセット

腰椎椎間板ヘルニアで腰の痛みがあるとき、コルセットをつけることがあります。ふつうは、布製あるいはプラスチック製のものを用いて患者の体にあわせて作ります。

コルセットは背筋の活動を抑え、腹筋の活動を助ける働きがあるとされているのですが、実際のところ、それほどの効果はありません。

この役割は胸郭と骨盤、つまり上半身と下半身の橋渡しをして腰を安定させ、その結果として腹筋と背筋を休めることになります。

使用することによって、腰椎の動きを抑えるとともに腹圧を高めて腰にかかる負担を少なくし、腰椎椎間板ヘルニアの痛みを和らげることが出来るのです。

これを着けて物を持ち上げると、腰にかかる負担は約四分の一に軽減されるといいます。重量挙げの選手が腹帯を巻いているのも、お腹のまわりをきつくしめることによって、腹圧をあげることができるからなのです。

コルセットは肋骨と骨盤を外側から支える外固定で、手術などで金属製のプレートで行う内固定とは異なります。市販のものもありますが、やはり医療機関で自分の身体に合ったものを作ったほうがいいでしょう。

しかし、腰椎椎間板ヘルニアの痛みや腰が楽だからといって長期間着け続けるのはよくありません。頼りすぎて、本来腰を支えるべき腹筋や背筋が弱くなってしまうからです。

主な効果は、コルセットをつけることにより、患者自身が腰の弱いことを自覚して、急な無理な動きや、腰を強く曲げたり回したりしないように注意することができる点にあるようです。

必要以上に長くつけていると、コルセットに頼りすぎることになり、背筋や腹筋の力を弱めてしまい、腰椎椎間板ヘルニアなどの症状がかえって悪化する場合もあります。

従って、もしもつける場合には、できるだけ短期間にとどめる努力が必要でしょう。そのためにも、筋力をつけるための運動が大切になってきます。