高血圧を防止する会 » 五十肩の温熱治療

五十肩の温熱治療

五十肩の治療法にもさまざまですが、痛みが大きいときはまず安静にすることが唯一の治療法です。またこの安静があまりにも長い場合は、痛みも大きくてストレスも溜まってしまいます。このことで、五十肩の手術を検討する場合も出てきます。

しかし、たいていは鎮痛剤の注射やアイシング、腕吊りなどによって解消されてくることが常です。

五十肩の治療は病院や鍼灸、カイロプラクテイックなどに出向いて受けなければならないものばかりではありません。

五十肩は急性期でアイシングをする場合は氷嚢を使って五十肩の患部に断続的に当てるだけでも効果があります。また、温熱は慢性期になるとほとんどの方が用いるようになる治療法の1つです。

温熱とは、患部を温めること、を意味します。五十肩の急性期では肩を逆に冷やすことを用い、そのリアクションとして血行が良くなることを試行しますが、痛みが和らいで慢性化してくると、このようなリアクションは起こりずらくなります。

急性期を経たら温め、筋肉を緊張から解きほぐして血行を改善させることが五十肩の治療では大切になってきます。血行がよくなれば、それだけ栄養が患部に届きやすくなりますので、自然治癒の力を増加させることにも寄与します。

温熱は、自宅で行う場合には患部にカイロを当てたり、シャワーを浴びたりする方法が主ですが、遠赤外線をあてたり、マイクロ波を利用する場合もあります。

湿布やカイロは患部にあてるだけでいいので、かなり用いやすい方法です。ただし、温めることで痛みが大きくなってきた、などのことがもしあったら、即座にやめて医師に見てもらい、的確な処置を受けることが大切です。

入浴する場合は、熱いお湯で汗をかいてすぐに停止させるような方法ではなく、風邪を引かない程度にぬるいお湯にしてからしっかりと体の芯から温めるようにすると効果的です。

普通のお湯だけではなく温泉ももちろん効果があります。関節の病気に効果のある温泉ももちろんいいです。禁忌になるような温泉はほとんどないと思います。