高血圧を防止する会 » 顎関節症を整体で改善する

顎関節症を整体で改善する

顎関節症は、顎の痛みや開閉の困難、変調的な音、噛む際の痛みもある顎関節の病気です。また顎の症状だけではありません。他にも頭痛や吐き気、めまいや耳鳴り、イライラや集中力の欠如などのやっかいな症状も頻発します。

また顎の病気ですから骨の病気、と考える前に、自律神経の不調や精神的なダメージが影響していることもチェックしなければなりません。

また直接の原因としては、顎関節がゆがんでくるのですから、顎に関わる筋肉が硬くなっていたり、噛み合わせの問題によるものもあります。

また軟骨の変形や関節自体の変形、そして身体の歪みなども考えられます。複雑に絡み合っている、つまりこれらの原因が複数関係してるケースも多いと言われています。

例えばパソコンでずっと作業をしていると、下向き加減になります。またこの状態で口をあけようとしてもなかなか簡単にはいきません。

今度は喉を伸ばして上向きになると、かなり違いがあります。下向きでは上下の歯がくっつきやすくなりますので、咀嚼筋の収縮が強まります。このような状態から徐々にひずみが起こると、やはり顎関節症は避けることができないと言えます。

整体院での治療では、まず顎関節症がどのようなタイプなのかを問診を含め診断をします。顎の痛みの有無や開閉の難易度、音の有無を調べ、顎が揺れていないかどうか、関節のズレがないか、関節円板のズレがないかなどもチェックし、治療方針を決定します。

また身体にゆがみがあるとどうしても顎にも緊張が伝わりますので、全身の筋肉をほぐすのが有効です。つまり整体でももっとも得意な分野の治療法をまず行ってリラクゼーションを与えます。

その他には脳の緊張や自律神経のダメージを解消することも大切です。身体全体のダメージを回復することができれば、後は顎自体の施術になります。

関節包、関節円板、咀嚼筋などを調整し、効果を説明したり、大切な日常生活の注意点についてをアドバイスします。