高血圧を防止する会 » ブロック注射と星状神経節ブロック注射

ブロック注射と星状神経節ブロック注射

ブロック注射には、根本的に痛みをカットするような、星状神経節ブロックという方法があります。これは、主に「星の形」をした神経の痛みをシャットアウトするときの、ブロック注射に使用されるため、このような名称がついています。

実際には、その痛みのシャットアウト自体は、状況によって、大きく違い、根本的な痛みの解決をするように心がけることによって、痛みを十分にカットすることが出来るようになります。

ブロック注射をせずに放置すると、さらに痛み自体が、慢性化するような危険性があるので、出来るだけ冷静にブロック注射を行うようにしておくことが望ましいことといえます。自分に合った方法で、ブロック注射をしっかりと対処することによって、より効率的に痛みを緩和、ケアすることが出来るようになるといえるでしょう。

自分にとってどのような痛みの原因があるのか、まずは冷静に判断しておくことで、痛み自体もかなり大幅にケアすることが出来るようになります。

星状神経節ブロックの場合、頭や顔面、肩や腕などの部分が対象となり、痛みの部署は、エックス線などを使って特定することになります。痛みが敏感になっている場合や、血のめぐりが悪い場合など、さらにひどい痛みを患者に引き起こすことがあるので、突発的な場合などには、非常にブロック注射が有効になります。

このように状況に応じて、より効果的にブロック注射を使うことによって、さらに自分に合った治療方法を選択するなど、患者にとっても選択肢を広げていくことが出来るようになります。

ブロック注射は、部署や患者によってもその効果や継続時間、一回の治療の時間や費用なども違うため、不安な点があれば、事前に医師に相談するなどして確認するようにしておくことが、より望ましいと言えます。

すべり症を治すためのストレッチをご紹介しています