高血圧を防止する会 » 食事で改善する

高血圧を食事で改善

高血圧を改善するのに食べるものに気を使うというのは大変に有効な方法です。特に食塩を摂りすぎると血液中にナトリウムが溜まり、その濃度を調整するために血液をより多く流そうそつするため血圧が上がってしまいます。

では食塩を減らすのにはどういった方法があるでしょうか。献立や調理法、食品の選び方を工夫することで、摂取する食塩を減らすことが出来ます。目安として、1日6g以下を目指すようにしましょう。

まず、干物や漬物、つくだ煮は食塩を多く使っています。このような加工食品は控えるようにしましょう。また、煮物や汁物を作る時にはこんぶやにぼしなどの天然のだしを有効活用し、化学調味料は控えめにします。

麺つゆや醤油を控え、代わりにレモンやお酢などの酸味の調味料を利用すると、塩分を減らすことができます。また、調理の段階だけでなく、食卓でも醤油やソースなどの調味料を控えめにすることが重要です。

とはいえ、自炊している場合にはいいのですが、外食や惣菜に頼っている場合には自分での調整はなかなか難しいところもあります。

最近では配達弁当で塩分控えめのセットなどがありますので、外食や惣菜でお金をかけるのであれば、そういったお弁当に切り替えてしまうのも有効です。

他に高血圧について気をつけるのは、エネルギーをとりすぎないようにすることです。肥満も血圧に影響してくるので、間食でお菓子や炭酸飲料、ジュースを良く飲み食いする人は要注意です。また、揚げ物など、油分の多い調理法の料理にも注意しましょう。

しかし最も大切なのは、栄養のバランスを考えて、規則正しい時間に食事を取ることです。いくらカロリーや塩分に気を使っても、栄養素が片寄ってしまっては結局体調不良を招いてしまいます。

主食となる炭水化物、主菜となる良質なタンパク質、そして副菜でビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素のバランスをしっかりと考えつつ、食べ過ぎないように腹八分目を心がけるようにすることが高血圧の改善には重要です。