高血圧を防止する会 » どのような症状があるか

高血圧の症状

高血圧にはどのような症状があるのでしょうか。原因によって多少の際はありますが、よくあるものとしては頭痛、肩こり、耳鳴りやめまい、動悸、手足のしびれなどがあります。

とはいえこれらは他の原因でもよく起こる症状なので、血圧が上がっているのに気付かないことも多く、早期発見は難しい病気でもあります。

しかしこれらを放っておくとさらに深刻な病を引き起こす恐れがあるため、ある程度の年齢になったらできれば、毎日血圧を測定する習慣をつけておきたいところです。

ではより深刻な病気というのにはどのようなものがあるのでしょうか。高血圧の合併症として起こる深刻なものにあげられる病気はいくつかあります。

まず、高血圧症。これは血圧が上がりすぎたことにより脳浮腫が起こり、その機能が低下するものです。次に、脳出血。これは良く耳にする名前ですが、その名のとおり血管が破れて出血を起こしてしまうものです。

心肥大、心不全と呼ばれるものもあり、こちらは心臓の収縮力が低下し、普通の状態より心臓が大きくなってしまっている状態です。この状態が悪化すると、心不全となって全身に血を送り出す力が保てない状態になってしまいます。

次に、腎硬化症。これは腎臓内にある血管が硬くなってしまい正常な働きをできなくなり、最終的には腎不全へと悪化してしまいます。

そして大動脈解離。こちらは血圧が高すぎるために血管の壁が破られてしまい、その中に血液が流れ込んでしまう者で、死亡率も高い病気です。

いくつかを簡単にあげただけですが、死亡率が高かったり、後遺症が残りやすいものとして知られている病名もいくつもあります。

高血圧の場合、一度計った測定結果が高かったとしても、それですぐに診断できるわけではありません。というのも、精神的な要素や外部要因に影響されて変動しやすいものだからです。

特に病院はいつもと違う環境での測定となるため、普段通りの結果が出にくいです。自宅で毎日測定することで、予防と早期発見を目指しましょう。