高血圧を防止する会 » お薦め情報

お薦め情報










その他・お薦め情報


高血圧と測定器

年齢を重ねていくと高血圧の不安が付きまとうようになりますが、今では家庭でも簡単に高血圧かどうか確認できる測定器が多数出ていて、高血圧予備軍の人が予防を行うのに便利な世の中になりました。

測定器は様々な種類のものが多数出ていますが、どういったものを購入すれば、より正しく高血圧を予防することが出来るのでしょうか。

まず測定器の方式には大きく分けて3つあります。手首式、巻きつけ式、アームインです。手首式は、その名の通り手首に巻く測定器で、巻きつけ式は上腕の辺りに巻くもの、アーム院は腕を機械に入れて図るものです。

手首式は計測方法が簡単で価格が安いというのがメリットですが、心臓から離れた場所で計測するため外部要因の影響を受けやすく、精度が低くなるという欠点もあります。また、サイズが小さくコンパクトなので、どこでも簡単に計ることができるのも良い点です。

次に上腕に巻きつける測定器ですが、こちらはより心臓に近いところで計るので精度は高くなります。腕に巻く作業が少々面倒かもしれませんが、そこまで手間のかかるものではないので、毎日の習慣にしてしまえば簡単でしょう。

前者の測定器は価格が4000~10000円というものが多いのに対し、上腕に巻きつけるものは7000~10000円前後と少々価格は高くなります。

最後にアームインタイプですが。こちらは腕を機械に通すので、手順は非常に楽なのですが、場所を取るのが難点です。また価格も高くなり、15000~25000円くらいが相場となります。またアームインの利点にはもうひとつ、機械の方に腕を入れるので正しい姿勢で計りやすいという部分もあります。

高血圧の早期発見のために購入するのであればできれば、精度の高い上腕で計るタイプのものを選ぶ方が良いでしょう。また最近ではパソコンにデータを入力して数値の管理ができるものもあるので、パソコンに慣れている人はそういった機能も検討材料に入れるといいかもしれません。